銀次郎の詩


銀次郎の詩             銀次郎の日記の裏面       リンク不可。お気に入りに追加してください!閲覧とコメントは自由よ(´・ω・`)b
by manda_ginjirou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年 09月 24日 ( 1 )


最終話 男の戦い

早レプ(´・ω・`) 最近涼しいいのか?暑いのか?
さてさて今回の銀次郎さん、ついに的にしていた秋の祭典が開催!
男爵と銀次郎さん弐号機にて決戦のときがやってまいりました。

では、お話どうぞ!



c0105142_1835286.jpg

レース日の朝は早い。レースは9時からなのだが車検が6時から始まるからである
だから、みんな早起きでサーキットに向かう。


c0105142_1849154.jpg

レースの時間が来たスタートはルマン式
各自マシンをグリッドに停車させ対岸にライダーが準備する

ルマン式とは停車してあるマシンまでライダーがスタートと同時にマシン走っていきエンジンを掛けてスタートする方式である。


c0105142_18541630.jpg

シグナルグリーンでレーススタート走れ男爵!!
男爵:うぉおおおおお!!今日こそ、私の好きな食べ物を聞いてもらうでござる
銀次郎:ええから走れ

c0105142_1921318.jpg

男爵奇跡の一発始動!!!


c0105142_1985486.jpg

毎年、このレースぬるい草レースなのだが回を重ねるごとに本気な人が増えてきた
予想はしていたが、三台ほどべらぼうにマシンも人も本気の早いのが来ていた。
鈴鹿4耐で11位とか、やたら出力のよろしいマシンとか。。。
特に二号機はプライベートでノーマルに毛が生えたようなもの人もマシンも差は歴然。
男爵、それでも4位はさすがである!
とおもってたら、予想を反して前を走る一台が故障により緊急ピットイン!
タナボタチャンス!!三位浮上!!逃げろ男爵!!

c0105142_19282443.jpg

三十分経過で、私と交代 1位2位には追いつくことは到底無理。
ついでに、何故か?本番で弐号機のエンジンがおかしい?
フリー走行の時は、なんともなかったが?妙にかぶる?
何で急にこうなるの?状態だった

勝てるなら再びタナボタチャンスを待つしかない!
しかし、こちらも三位をキープすることが先決!
ならば4位との差を広げるのが確実!
攻めつつも、逃げる作戦

c0105142_19321142.jpg

レース開始一時間経過
再び男爵に交代!以前三位キープ

c0105142_19392475.jpg

レースは後続車に巻き込まれるとかなりのタイムロスにつながる
すきあらば蝶のように舞い蜂のように刺す!
インが空きなら刺すべし刺すべし!イタダキマンモス!

c0105142_19421574.jpg

120分耐久レース結果3位
本気の人たちと戦ってコレなら十分である


おまけ

c0105142_18402454.jpg

ドングリサーカスでは稼ぎ頭で花形スターのクマのフ~さんが愛車のやわらかシェルパで応援に来てくれた。

[PR]

by manda_ginjirou | 2007-09-24 19:47 | XR100の軌跡