銀次郎の詩


銀次郎の詩             銀次郎の日記の裏面       リンク不可。お気に入りに追加してください!閲覧とコメントは自由よ(´・ω・`)b
by manda_ginjirou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タイ日記 エレファントの事情編

早レプ|・ω・`)ノパオオオン!!
さてさて、今日の銀次郎さんはタイトルに書いてあるように象さんとの出会いについての話なんですけど。
参考として、わたくしからタイの象さん事情について説明させていただきましょう。
タイの象さんの仕事は山で伐採した材木を運んでいて、主に林業において大変貴重な労力として大活躍です。

ところが・・・・・
近年、温暖化や環境破壊における木々の減少でモロに煽りを受けて、本来運べき材木が少なく象さんは仕事が出来なくなりました。
いわゆる失業ですな。

職に、あぶれた象さんは町に降りてきて観光客相手に新しい仕事に就きました。
それは背中に人を乗せる職で、見事にトラバーユに成功した象さんは今日も人を乗せて歩くのです。

そんな象さんを激励しに、銀次郎さんは立ち上がるのでした!
では、お話をどうぞ・・・



c0105142_22132058.jpg
銀次郎:あんたも、いろいろ大変だなぁ
象さん:ふっ・・・密林の王者も今は昔さ、なりふりかまってちゃ食っていけねーぜ銀ちゃん!
銀次郎:あら、すでに世あたりの達人達象クラス

象さん:おいらに乗るなら10分、200バーツ(約600くらい)だ、20分なら400バーツだ、どうだい?のってみないか?
銀次郎:少なからずとも、象さんの今後の生活を考えて協力させていただこうじゃないか。

c0105142_22275984.jpg
と、言うわけで200バーツで10分コースを、お願いしてみた。

c0105142_22301223.jpg
レッツラゴー!!!眺めは結構いい。

c0105142_22323972.jpg
四足で歩行するので上下の揺れが大きいため結構腰に来る
むかしは、象に乗って戦ったらしいが戦う前に疲れないか?これ?・・・
c0105142_22354562.jpg
運転手が頭の上に乗って象をコントロールしてくれる。
大型像免許所得とか、いるんかなぁ。。取ろうかなぁ・・・
それはさておき・・・
運転手の腕に注目していただきたい。鉄製の先が付いた鋭いカギヤのような道具を持っている。
実は象が暴走したとき、この道具で急所である耳裏のコメカミに一撃をくらわせ象を即死させるためである。
そのため、遊覧中の運転手は常に片足で耳をめくり上げコメカミを狙いやすくしている
威力は一撃瞬殺だそうだ!!
可愛そうだが、これはやもえないのかなぁ

c0105142_22441780.jpg

熱き象ミーティング開催中!!
上の人は暑いのでやる気なし


c0105142_22492982.jpg
象さん:銀ちゃん今日はありがとう!!
銀次郎:おいおい、感謝してくれるのはわかるけど、俺のシャツを後ろから鼻水いっぱいの鼻先でひっぱるのはやめてくれないか。。。。

まぁ、象さんも元気で何よりである、ついでに餌であるサトウキビをあげておいた。

今日はこのくらいにしといたるわ。


今日は、おまけなし
[PR]

by manda_ginjirou | 2007-03-27 23:08 | 海外のお話
<< 第弐話 タイ日記 交通事情編 >>